トヨタ プロボックスワゴンが人気の理由

トヨタ プロボックスワゴンが人気の理由

 

トヨタのプロボックスワゴンは、サクシードの姉妹車であり、カローラバン/ワゴン・スプリンターバン/ワゴンの後継車種として開発されました。プロボックスワゴンにはバンモデルとワゴンモデルがあります。

 

プロボックスワゴンは、オプションが充実した5ナンバー乗用車向けグレードから、4ナンバーの商用車として使用できる最下限グレードまで幅広く、カルディナバンの後継であるサクシードとは若干違ったコンセプトになっています。]
従来のビジネス車は性能のみを重視し、後部座席への配慮はありませんでしたが、このプロボックスワゴンは後部座席に座る人のことも考えられているためあるためプライベートとビジネスの両方で利用する人にとって人気のある車種です。

 

もちろん、ビジネスモデルとしても性能を落とすことなく、リアシートを倒せば広い荷物置き場になりますし、お弁当を置けるインパネテーブルを灰皿下に格納できるなど機能面でも充実。
また、最近ではオプションまたは廃止される傾向にある灰皿も大型化するなど、喫煙者にとって嬉しい仕様になっています。
オプションでエアロパーツやメッキグリル等も用意されており、プロボックスワゴンのシンプルさゆえに、ドレスアップカー・カスタムカーのベースにされている場合も多く、若年層にも人気がある車種です。